新着情報 NEWS

体に負担の少ない飲料水の温度

2017.08.02

適量の水分を補給することは、健康を保つためにとても重要です。このときの水分の温度変化は、体調・環境・季節・目的などによって異なります。冷たい水は体への吸収が早いため、胃腸への負担は大きくなります。一方、常温の水は体への吸収がゆっくりで、胃腸への負担は少なくなります。胃腸の弱い方や高齢者には、常温の水をゆっくりと飲むのが、体に負担をかけない飲み方になります。

過去年別記事一覧