主な事例

新着情報

栄養士のつぶやき

八十八夜
栄養士のつぶやき

立春から88日目は「八十八夜」です。農業でも種まきを始めるなど重要な日です。その年、初めて摘んだお茶を「一番茶」又は「新茶」と言います。お茶にはカテキン(渋味)、テアニン(旨味)、カフェイン(苦味)、GABA(ギャバ)、クロロフィルなどの成分が含まれ、昔は薬として利用されてきました。特に八十八夜に摘まれてた一番茶は、栄養価が高いと珍重されたそうです。